成分について

育毛剤の種類と効果

市販されている育毛剤にはさまざまな種類がありますよね。
いろいろありすぎて、いったい自分はどれを使えばいいの?と思う人も多いのではないでしょうか。

育毛剤の種類と効用にはいろいろあります。当然のことながら、育毛剤を必要とするの抜け毛を改善したい人だと思いますが、その抜け毛にはちゃんとした原因があるのです。

男性ホルモンであるテストステロンという物質が、5αリダクターゼという酵素の働きにより、デヒドロテストステロンというホルモンに変質します。このホルモンが抜け毛を起こす原因なのです。

育毛剤の役目は抜け毛を予防することですが、育毛剤の成分はおもに4つに分類され、それぞれの成分の組み合わせによる相乗効果でそれぞれの特徴を作っています。

その主な4つの働きというのは、男性ホルモンの働きを抑える・毛母細胞を活性化させる・頭皮の血流を改善する・過剰な皮脂の分泌を抑える、ということです。

これらの成分による効果が相乗効果となり、頭皮の状態を良く保ちつつ、かつ栄養を与えることで抜け毛の改善に役立っています。

育毛剤のおもな構成成分には、塩化カルプロニウム、センブリやニンジンエキス、ビタミンEなどがあげられます。効果としては、血行促進・発毛促進・皮膚細胞の代謝改善・保湿などです。

これらの効果を考慮に入れつつ、ご自身の抜け毛の原因に合わせた育毛剤を選ぶのがおすすめです。

また、育毛剤の前にシャンプーやブラッシングなど、日常の髪や頭皮のお手入れや、生活習慣などを見直すこともとても大切です。

-成分について

Copyright© 育毛生活らぼ , 2020 All Rights Reserved.